エントリー

貴重な蝶タイワンツバメシジミの保全事業を行っています

tyoutyo01.jpg

 当NPOでは10年前から環境省の委託によりタイワンツバメシジミ本土亜種とその食餌となるシバハギの保全業務を行っています。タイワンツバメシジミは大きさが2cmほどの小さなシジミ蝶の種類ですが、西海国立公園の平戸島・生月島に分布しています。その希少性からマニアの捕獲と地域の産業変化による生息環境である採取草原の減少により、平成18年に捕獲等を規制する動物に指定されています。
 平戸島・生月島のシバハギ自生地でロード・センサスやコドラートによる定点観測を行って生息数を調査していますが、特に平戸島北部の個体数の減少は著しいものがあります。
 また、NPO法人日本チョウ類保全協会の指導のもと、行政、牧野組合、地元自治会の協力を得て、除草、枝払い等を行い、食草シバハギの保全に努めています。蝶の発生する8月下旬から10月初めにかけて当NPOのメンバー10余名で平戸島・生月島全域でシバハギの開花状況やタイワンツバメシジミの成虫・卵・幼虫の確認作業を行っています。さらに2年前からは、捕獲、人口飼育による増殖も試みています。

tyoutyo04.jpg tyoutyo03.jpg

 

NPO法人平戸観光ウェルカムガイド

NPO法人 平戸観光ウェルカムガイドとは
平戸・街歩き「さるくツアー」
観光モデルコース
ガイドのお申し込み
平戸検定とは
活動ブログ
情報公開
個人情報の取扱について
お問い合わせ
リンク集
トップページへ戻る

電話番号0950238210

ガイドお申し込みフォーム

ガイドFAXお申し込み