エントリー

文化庁主催「文化財保存活用地域計画」研修会について

201908-01.jpg

 文化庁が推進する文化財保存活用計画の研修会が平戸市であり、全国の自治体職員ら約140名が参加し、平戸市の文化財を題材に7月24日から26日までの3日間の研修会が開催されました。

201908-02.jpg

 平戸市は、松本市、牛久市、富士吉田市、益田市、奈良県王子町とともに今年九州で唯一文化庁の認定を受けたことから、本年度の研修地に選ばれました。7月25日の実地演習では平戸市街地地域資源マップをもとに20班に分かれてフィールドワークが行われましたが、そのうち10班について当NPOのガイドが案内役を担当しました。

 

201908-03.jpg

 各班は、班長のもとで計画書の作成を行い、翌26日平戸市文化センターで発表会が行われクジラ、お菓子、武家茶道など独自の文化による地域活用計画等が取り上げられました。
 また、各班共通して石垣の多さに注目していたことが特筆すべきと感じました。なお、すべての計画案については、後日文化庁から市の文化交流課に提供されるとのことですので楽しみです。

201908-04.jpg 201908-05.jpg

201908-06.jpg 201908-07.jpg

 なお、7月31日付の西日本新聞に記事が掲載されました。

201908-08.jpg
(2019年7月31日 西日本新聞)

【参考資料】
平戸市街地地域資源マップ
平戸城下家中久図(一部分、文政頃)

 

NPO法人平戸観光ウェルカムガイド

NPO法人 平戸観光ウェルカムガイドとは
平戸・街歩き「さるくツアー」
観光モデルコース
ガイドのお申し込み
平戸検定とは
活動ブログ
情報公開
個人情報の取扱について
お問い合わせ
リンク集
トップページへ戻る

電話番号0950238210

ガイドお申し込みフォーム

ガイドFAXお申し込み